函館新聞電子版

栗山監督「函館で力もらう」 日ハム、4日からエキシビジョンマッチ

 4日から函館市のオーシャンスタジアムで行われる「2021プロ野球エキシビションマッチ」を前に、北海道日本ハムファイターズの選手が3日、函館入りし、午後から同球場で練習を行った。栗山英樹監督は「プロ野球のために改装してくれた球場に来ることができた。歴史ある函館で後半戦を見据えた試合をする」と話した。
 午後3時ごろから練習が始まり、主力選手が打撃練習で快音を響かせていた。栗山監督は函館太洋(オーシャン)倶楽部で活躍した久慈次郎選手(1897~1939年)の功績に触れ「函館では久慈さんのことを思いながら野球ができることに感謝している。夏のこの時期にファイターズが来ることはもうないかもしれない。後半は一気に行くしかないので、函館で力をもらって戦う」とした。また、鹿部町出身のルーキー伊藤大海投手が東京五輪で見せた活躍について「必ず日本の野球の中心になり、皆さんの誇りになる」と話した。
 試合は4~6日が横浜DeNAベイスターズ戦、8、9日が読売ジャイアンツ戦。試合開始はすべて午後1時で当日券の販売はあるが、試合によって枚数は異なる。球場駐車場は利用できないため、来場時は公共交通機関の利用を呼び掛けている。(山崎純一)

      野球











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト