(荒井三津子さん・暮らしのパレット)「チューリップ」

 今年は早めに北海道に上陸した桜前線、各地で大勢の桜ファンを魅了し続けている。だが春の花の代表として、私はチューリップをあげたい。
 「さいたさいた チューリップのはなが…」というあの童謡は、誰にとっても懐かしく、そして子供たちが描く花の代表はチューリップではないだろうか。切り花にするとすぐに満開になって散ると言う人もいるが、それは管理が悪いからだ。
 チューリップは強い。満開になっても、気温が下がり夕方になると固く閉じる。そしてまた開く。閉じたり開いたり、温度と光に合わせた見事な「舞」を見せてくれる。次世代のための準備が完全に調ったあと、その衣装である花びらを脱ぎ捨てる。実に優雅でドラマチックな花なのだ。
 チューリップの歴史は興味深い。オスマン帝国が華やかなころ、モスクや衣装、絵画などに頻繁に様々な花びらのチューリップが登場する。16世紀前半、その人気はピークに達し、愛好家だけでなく、ついに投資の対象になった。そして定石通りバブルは崩壊。ヨーロッパ三大バブルの一つがオランダのチューリップだと聞けば、その人気の高さが伺える。
 斑入りや尖った花びら、華やかなフリル付き、八重など品種は多いが「赤、白、黄色」が私は好きだ。桜を眺めた帰り道、ある公営住宅の裏庭に写真のチューリップ畑を見つけた。あの童謡の2番は「ゆれるゆれるチューリップのはなが…」である。揺れても簡単には散らないチューリップこそ、春の花の代表だと私は思う。(生活デザイナー)

      暮らしのパレット

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月26日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会