(荒井三津子さん・暮らしのパレット)「世代交代」

 寝不足が続く。オリンピックが面白い。1964年の東京オリンピックの話をすると笑われるが、チャスラフスカという体操の選手の美しさに仰天し、アベベというランナーには驚愕した。日本人の競技だと思っていた柔道でヘーシンクが優勝した時は、子供なりに慌てた。
 そして、オリンピックは国の威信をかけての戦いでもあり、大変な重圧だということも知った。だがいつしか、メダルに手が届かなかった選手たちもオリンピックを「楽しかった」と振り返る時代になった。その是非は議論があろうが、スポーツなら勝ち負けがあるのは当然。勝つために最善を尽くしても、どちらかは必ず負ける。相手が強ければこちらが負ける。仕方がない。
 レスリングの吉田沙保里選手が負けた。だが彼女にあこがれ、彼女の背中を見て学んだ後輩たちが大勢、金メダルを手にした。この場面を見ることができたことを私はうれしく思う。負けるはずのない大先輩が負けた。誰にも負けがあることを後輩たちは知った。金メダルを胸にした後輩たちに、今そのことを教えることができたのは吉田選手だけである。
 できれば涙は見せてほしくなかったが、あの涙の意味もまた後輩たちの胸に深く刻まれたことだろう。世代交代はどの世界にもある。その時期を見定めるのが難しい。「まだできる」うちに去る勇気はなかなか持てないが、余力のある引退こそ、たくましい後輩を育てるのではないかと私は思っている。(生活デザイナー)

      暮らしのパレット

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月22日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会