函館新聞電子版

福島町の岩部漁港にハートの潮だまり 映える新名所

 【福島】福島町観光協会(出羽正機会長)は、クルーズ船が発着する岩部漁港内に干潮時だけ現れる「ハート」型の潮だまり(潮が引いたあと海水が残留してできる水たまり)を新たな観光スポットにしようと、SNSなどでPRしている。
 潮だまりは、漁港から歩いて数分の浅瀬にある。縦横各3メートル、深さ5メートルほどの水たまりでハート型に見える。町民や釣り客には昔から知られていたが、観光客にはほとんど知られていなかった。
 同協会の猪熊矩嗣(のりつぐ)事務局次長(40)が、岩部海岸の新たな観光スポットを探していところ、奄美大島(鹿児島県)にある同じくハート型の潮だまり「ハートロック」が恋愛のパワースポットとして人気になっていることをヒントに、漁港内の潮だまりをPRすることを思いついた。
 猪熊さんは「干潮時だけ見られる希少性とハートの形で「写真映え」することから、新たな名所にしたい」と意気込んでいる。
 付近の岩場は非常に滑りやすいので、見学の際は足元に注意が必要だ。(佐藤由紀彦)

      観光











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      きょうの人生指針/誕生月占い

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト