函館新聞電子版

亀田八旛宮に大鏡餅奉納 もち食文化振興 疫病退散を祈願

 道もち米団地農協連絡協議会、道南地区農協組合長会は10日、八雲町産のもち米「風の子もち」を使った重さ約100キロの大鏡餅を亀田八幡宮(藤山敬廣宮司)へ奉納した。同協議会の横道重人監事(JA新はこだて組合長)ら6人が参加し、もち食文化の振興、疫病退散を祈願した。
 八雲は道南唯一のもち米専門生産地で、道内のもち米生産量は日本一(2020年産米農産物検査実績)。最近は餅を食べる人が減っていることや、新型コロナウイルスの早期収束を願い、今年初めて同八幡宮の例大祭に合わせ奉納した。
 風の子もちは白さや粘り、コシに優れ、餅が硬くなりにくいのが特長。約90キロを使い、直径50~90センチ(重さ20~50キロ)の3段、計約100の大鏡餅を作った。
 同八幡宮では参加者が拝殿へ運び、神職が祝詞(のりと)奏上し、玉ぐしをささげた。横道監事は「今年のもち米は良い出来と聞いている。ぜひ、家庭などで餅を食べてもらい、日本の文化が栄えてほしい。来年以降も、鏡餅の奉納を続けたい」と話した。(山崎純一)

      一次産業











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      きょうの人生指針/誕生月占い

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト