函館新聞電子版

  • 5周年
    函館新聞電子版
  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 募集
    写真の日プロジェクト
  • 5周年プレゼント
    ホテル宿泊券
  • 高校野球
    春季大会
  • クマ出没マップ
    出没マップ

春レタスみずみずしく 北斗で収穫・出荷始まる

 【北斗】市内の農家で、ハウスものの春レタスの収穫・出荷作業が始まった。柔らかくほのかに甘みがあり、みずみずしい味に仕上がっている。
 市千代田の高坂農園(高坂重勝代表)では、ハウス、露地合わせて6ヘクタールでレタスを栽培。ハウスものは17日に収穫を始め、7万玉を5月20日ごろまで出荷する。その後、露地に切り替わり、11月の降雪期まで続く。
 高坂さん(49)はミネラル補給のため、八雲町熊石の海洋深層水を使うなど味にこだわったレタスを作る。現在は日曜を除き、スタッフ6人で朝に収穫し、ラッピングなどをして出荷。包丁を使い1個1個手作業で収穫している。高坂さんによると、今年の作柄はまずまずで、直径20センチ、重さ400グラム以上ある青々としたレタスが育っている。
 コープさっぽろやイオン、マックスバリュ、道南ラルズ、シエスタハコダテ内のベジ旨マルシェKawasakiなどへ出荷する。
 高坂さんは「春レタスは苦味が少なく、加熱調理すると外葉までおいしく食べられる。新型コロナウイルス禍で家にいる時間が長いと思うので、家庭でサラダやチャーハン、しゃぶしゃぶなどで食べてほしい」とPRしている。(山崎大和)

      一次産業











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト