• 採用情報
    函館新聞社

鹿部町大岩のホタテ養殖、相次ぐ自然災害で打撃

 【鹿部】今月相次いだ自然災害で、鹿部町大岩地区のホタテ養殖が打撃を受けた。現時点で台風か地震か原因は特定されていないが、順調に育っていた貝や資材が全滅状態。鹿部漁協は被害額を「貝だけで5000万円に上る」と見込んでいる。
 被害を受けたのは、大岩地区の陸から約2キロの沖合にある養殖施設。長さ300メートルの「幹網」1本につき貝を固定しているロープが1000本ついており、この幹綱が6本あるため、計6000本のロープが海中にあった。ロープ1本には5月に耳吊りした貝が約300枚(約25キロ分)固定され、来年2月の出荷を待っていた。
 4日の台風後には、ロープにつけられたフロート(浮き)の列が一直線に整っていたことが確認されている。だが、6日の地震発生後はフロートが幹綱の片側に寄り、ロープが団子状に絡まっていたという。
 貝は合わせて12軒分。8センチほどと順調に成長していたが「商品にはならない」と、7日にロープを台船に引き揚げた。ロープは6000本全てを廃棄処分せざるを得ない状態だ。
 大岩以外にも貝の脱落が報告されているといい、さらに被害が広がる可能性もある。同漁協の長谷川栄毅専務は原因について「漁業者には『地震で潮の流れが変わったことが理由ではないか』と聞いたが、台風で施設が弱ったところに地震が発生したせいかもしれないし、断定はできない」と話している。(稲船優香)

      一次産業

      最新記事

      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医(11月18日)
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      11月18日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会