• 採用情報
    函館新聞社

北斗でホッキ漁スタート

 【北斗】北斗市沿岸で11日、今季のホッキ漁が解禁となり、磯舟に乗った漁業者が伝統的な「突き漁」で丸々と成長したホッキを水揚げした。
 ホッキ漁は産卵期の4、5月を禁漁期間と定め、その年の抱卵状況を見て漁の開始時期を判断。例年通り6月中旬から漁をスタートした。
 初日は15隻が午前8時から出漁。漁師は専用の漁具「ヤス」を取り付けた約5メートルの矛(ほこ)を使い、海底の貝を一つ一つ採取した。午前11時ごろには、漁を終えた漁師が上磯郡漁協上磯支所に接岸し、採取したホッキを水揚げした。
 同支所によると、初日は悪天候だったため例年より少なめの約350キロにとどまった。函館、北斗市内のスーパーなどに出荷するほか、漁協直営店「貝鮮焼北斗フィッシャリー」でも蒸し焼きなどにして提供する。同支所は「北斗のホッキは甘味があっておいしいので、たくさんの人に食べてほしい」とPR。漁期は来年3月末までで、昨年(61トン)以上の水揚げを目指す。(鈴木 潤)

      一次産業

      最新記事

      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医(11月18日)
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      11月18日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会