• 採用情報
    函館新聞社

バス路線再編案、「3幹線+市電」で利便向上

 函館市生活交通協議会(会長・奥平理函館高専准教授)が24日、市企業局庁舎で開かれた。バス路線網の再編に向けた検討で、3つの幹線バスと市電を組み合わせた新たなシミュレーション結果を提示。合わせて、交通拠点となる五稜郭、美原、湯川の各結節機能の想定規模や課題を示した。
 バス再編の新たな検討案は、市が3月に策定した生活交通ネットワーク計画で示した3案から、営業キロが最も短く、効率性が高い「大循環パターン」をベースにした。
 拠点間を結ぶ幹線バスは「昭和・美原・湯川」「美原・昭和・五稜郭・市立函病・五稜郭駅」「美原・五稜郭・函館駅前」の3つを設定。市電(湯川・五稜郭・函館駅前)も幹線の一つと見なし、バス路線との重複をなくした。各交通拠点からは周辺地域に向かう支線バス、郊外地域への路線が加わる。すべてのバスは函館駅前、五稜郭、美原、湯川の各拠点のいずれかに接続するようにした。
 この結果、目的地に乗り換えなしで到着できる割合は63%(幹線のみ37%、支線のみ26%)、乗り換え1回は33%となった。従前案より乗り換えの回数を抑制し、利便性が改善された。
 一方、五稜郭、美原、湯川の各交通拠点の整備検討案で、五稜郭と湯川は複数のバス停を近接して設置する「ターミナル型停留所」、美原は亀田福祉センターなど亀田地区の統合施設建設に合わせて、函館駅前のような「交通広場型」とすることが示された。
 それぞれ、乗り継ぎ移動距離の短縮、自動車の混雑緩和、定時制確保などの視点から計12項目で評価。五稜郭は本町交差点の8地点のうち、本町交番前など3地点が高評価だった。一方、電停との連携が求められる湯川は、幅員も狭く、用地確保も困難であることなど、課題が多い結果となった。3拠点ともに今後、整備に向けて複数案を作成して検討を進め、来年度に実施計画を策定する予定。(今井正一)

      政治・行政

      最新記事

      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医11月18日付け
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      11月17日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会