函館新聞電子版

シルバーウイークに感染増の恐れ 鈴木知事「最大限警戒を」

 【札幌】鈴木直道知事は14日の定例記者会見で、道内での新型コロナウイルス感染状況に関し、18日に始まるシルバーウイークで人の流れが増え、感染者が再び増加に転じる恐れがあるとして「最大限の警戒をしなければならない」と対策の徹底を呼び掛けた。
 知事は、道内の感染状況について、新規感染者数が13日に55人、14日に91人と2日連続で100人を下回り、新規感染者の減少の動きが見られるものの、札幌市を中心に療養者数が高い水準で、重症者数が減少傾向になっていないと指摘。全国的に感染が高い水準の中でシルバーウイークに入るとして、「昨年の経験を踏まえると、今後のリバウンドを防ぐことが重要だ」と強調した。
 道が取り組む医療提供体制の確保では、今月6日に始めた宿泊療養施設(函館を含む)での協力看護師登録制度が14日現在、全道で227人が登録し、知事は「引き続き募集しており、協力をお願いしたい」と述べた。
 また、緊急事態宣言で30日まで講じる酒類提供飲食店への休業要請など強い措置について、知事は「今の対策を30日まで継続する。感染状況は毎日モニタリングしており、悪化した地域があれば、特定措置区域の追加なども検討しなければならない」とした。(山崎大和)

      政治・行政











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト