函館新聞電子版

「縄文」27日夜にも世界遺産登録決定

 オンラインで開かれている国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会は26日、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄両県)の世界自然遺産への登録を正式決定した。函館市の垣ノ島、大船両遺跡を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」(北海道、青森、岩手、秋田各県)は27日に世界文化遺産への登録が審議される予定で、順調に議事が進行すると、日本時間同日午後8時前にも登録が決まる見込み。
 遺跡群の世界遺産登録に向け、4道県は2007年、共同で国に提案書を提出。19年7月に国内推薦候補に選定され、同年12月に閣議了解によりユネスコ世界遺産センターへの推薦が正式に決定した。ユネスコへの推薦書などでは、遺跡群が1万年にわたって続いた縄文時代の「高度で複雑な精神文化を顕著に示している」とアピールしていた。
 20年9月にはユネスコの諮問機関・国際記念物遺跡会議(イコモス)の専門家が現地を調査。イコモスは今年5月、世界遺産委へ遺跡群の「記載(登録)が適当」と勧告していた。
 道内の構成資産は、垣ノ島遺跡、大船遺跡、キウス周提墓群(千歳市)、北黄金貝塚(伊達市)、入江貝塚、高砂貝塚(洞爺湖町)の6カ所で、北東北3県(青森、秋田、岩手)11カ所と合わせて計17の遺跡で構成されている。
 遺跡群が世界文化遺産に登録されると、国内20例目となる。(海老田暁)

      政治・行政











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト