函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 8月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 新コンテンツ
    DONAN RESEARCH
  • 豪雨災害
    義援金受け付け中
  • 特集
    コロナ禍に思う
  • クマ出没マップ
    出没マップ

振興局単位でアラート 道が運用、住民に注意促す

 道は、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、感染経路不明な新規感染者が振興局管内で1日に2人発生した場合、振興局ごとのアラート(注意を促す呼び掛け)を発令している。呼び掛けの内容は振興局ホームページで感染拡大防止の注意を促すなどで、感染予防対策を取り入れた「新北海道スタイル」の徹底と実践を呼び掛け、住民一人一人の意識を変えるきっかけとする考えだ。
 道内には14総合振興局・振興局がある。対象は渡島総合振興局の場合、函館、北斗両市を含む渡島管内全域、桧山振興局は桧山管内一円とする。振興局管内で感染源(リンク)が追えない陽性者が同日に2人以上出たことを発令基準とし、地方本部長(振興局長)は本庁の対策本部と協議の上、呼び掛け実施の可否を決める。期間はアラートを発令した日からおおむね21日間。
 呼び掛けの内容は、広報車や防災無線、地元FMラジオ局、独自のポスター・チラシで感染拡大防止の注意を呼び掛けるほか、振興局長、市町首長連盟で共同メッセージを出すことも想定する。
 アラートに法的強制力はなく、店舗や施設の休業要請などは伴わない。あくまで新北海道スタイルの一環として、マスク着用、こまめな手指の消毒の徹底、健康チェックの徹底、施設内の換気徹底などに十分注意を払ってもらう。
 既に胆振総合振興局が6月16日、石狩振興局が同19日にアラートを出している。
 渡島総合振興局の永田浩幸地域創生部長は「移動制限自粛が解除されたが、札幌や小樽でのクラスター(感染者集団)発生のようにウイルスは完全になくなっていない。函館は道内随一の観光地なので人の往来が増え、感染増加につながる可能性があり、道として準備を進めたい」と話す。(山崎大和)

      政治・行政











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト