函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 8月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 新コンテンツ
    DONAN RESEARCH
  • 豪雨災害
    義援金受け付け中
  • 特集
    コロナ禍に思う
  • クマ出没マップ
    出没マップ

要介護認定申請 函館市で1~5月17%減

 函館市がまとめた要介護認定の1~5月の申請件数は6127件で、前年同期と比べ17%減少した。市は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う影響は小さいとみているが、対象者が接触機会のある訪問調査を避けようと申請を控えていた可能性もあり、今後の動向を注視している。
 市によると、1~3月の申請者は4472件で前年同期から微減。一方、国の緊急事態宣言が出された4、5月は662件で、前年の6割にとどまった。
 数字は速報値で転入者が反映されていないため、市介護保険課は「新型コロナの影響だと断定できない」としながらも、申請をためらった人がいた場合「適切な介護保険サービスが受けられず、日常生活に影響が出る恐れがある」と懸念する。
 市は医療機関や介護施設と連携して情報収集するとともに、訪問調査では感染対策を徹底。消毒液を持参するほか、申請者には当日の体温や直近の行動履歴なども聞き取る。
 要介護認定を巡っては、国が自治体の事務負担軽減を軽減しようと、2018年度に有効期限を2年から3年に変更し、来年度にはさらに4年へ延長する方針。昨年度市にあった申請は1万7586件で、今年度の件数に関し、同課は有効期限の延長などを背景に「10%以上減るのでは」とみている。(山田大輔)

      政治・行政











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト