• 採用情報
    函館新聞社

積雪30センチ程度は支障なし ドクヘリ冬期間の離着陸場所

 函館市病院局は14日、道南ドクターヘリの運用にかかわり、降雪期も大きな支障は出ないとの認識を示した。市内の離着陸場所(ランデブーポイント)は97カ所中、常時の除雪が見込まれるのは2カ所にとどまるが、30センチ程度の積雪までは着陸は可能だとした。藤田公美管理部長は「ポイントが搬送先病院の近くにあることは理想。積雪時のポイント確保について、民間所有地の利用を含め、関係機関と協議していきたい」と述べた。
 市議会第4回定例会一般質問で、小林芳幸氏(公明党)の質問に答えた。
 ランデブーポイントは市内97カ所など、全18市町で計292カ所。各市町では最低限のポイントの除雪体制を確保しているが、函館で着陸に支障のない常時除雪が見込まれるのは、陸上自衛隊函館駐屯地と函館空港の2カ所のみとなっている。
 そのほかは大半が学校グラウンドで、藤田部長は常時の除雪体制について「十分とは言えない」とした一方、「救急車が近くまで行けるところであれば、常時の除雪体制がなくても使用できる場合がある。今年2、3月程度の積雪なら大きな障害にはならない」と述べた。
 道南ドクターヘリは2月16日から11月末までに260件の要請に対し、221件出動した。市立函館病院への搬送が53%で「トラブルもなく運用は順調」とした。札幌医科大学からの医師の応援派遣回数が当初の月6回から10月以降は4回となり、圏域内病院の協力での運用が充実しつつある。(今井正一)

      政治・行政

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会