東京の函館市アンテナショップ、17年度の売り上げ過去最高

 函館市がコンビニエンスストアのローソン京橋駅前店(東京都中央区)内に開設している市のアンテナショップの2017年度の売り上げ実績が、過去最高の1281万588円になった。大ヒット商品を生み出し客が定着した後も、商品を頻繁に入れ替えるなど、客を引き付ける仕掛けが奏功。市は今秋にも都内に2号店を出すため、ローソンを通じて場所の選定を進めている。
 JR東京駅八重洲南口から徒歩8分、東京メトロ京橋駅の出入口に隣接した好立地にあり、愛称は「函館もってきました。」。常時150アイテムを扱っており、函館産ガゴメコンブ製品や塩ラーメン、スイーツなど地場産品の販売や観光情報を発信している。
 17年度の売り上げは、過去最高だった16年度(1007万637円)を27%上回った。月別にみると、昨年12月が127万19円、今年2月が118万4261円、3月が113万7965円の順。
 11年12月のオープン後、売り上げが最低だった13年度(500万5412円)の2・6倍に。販売点数は前年度比24%増の4万5177点で、ともに過去最高を記録した。
 16年夏に「獺祭(だっさい)酒粕(さけかす)あいす」(冨士冷菓)ブームが到来し、客の心をがっちりつかんだ。市経済部は商品の入れ替えをはじめ、集客のための看板やプライスカードのデザイン変更、陳列(店頭展示)に工夫を凝らすなど、客を飽きさせない地道な努力を続けてきた。成果が実って、ファンに愛される店づくりに成功。今年3月の売れ筋(販売額)の1位は獺祭酒粕あいす、2位は箱館二十間坂ばうむ(北島製パン)、3位はパリポリ焼き昆布(三海幸)。
 客層はオフィス街のためビジネスマンが最も多く、周辺ホテルの宿泊客や外国人観光客も訪れるという。
 2号店はターミナル駅周辺を選定中で、1号店(約18平方メートル)と同じ規模になる見通し。同部食産業振興課は「アンテナショップで函館をPRできる手応えをつかんだ。店舗数を増やし、発信力を強化したい」としている。(山崎大和)

      政治・行政

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月22日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会