カール・レイモンソーセージでおもてなし 函館マラソン「ランチパック」提供へ調理実験

 7月1日に函館市内で開かれる「2018函館マラソン」のレース後に、ランナーに振る舞う「函館マラソンランチパック(仮称)」のソーセージ調理実験が13日、函館短大付設調理製菓専門学校であった。おにぎり1個とソーセージ2本の豪華なセットで、函館らしい食の魅力で参加者をもてなす。
 飲食提供「おもてなしフェスタ」で、昨年の大会ではイカ飯、ジャガバター、大人のジャンボおにぎり、大福、持ち帰り用白米「ふっくりんこ」の中から各自1品を選択。ただ、おにぎりについて、参加者から「もうひと工夫ほしい」という声が上がったため、今年は新作としてランチパックの提供を考案した。
 大きなおにぎりに併せて、函館カール・レイモンの協賛を得てソーセージを出す。実験では、同校の北川睦雄日本料理研究室長が約75度の熱湯で2分間、ソーセージをゆで、実行委メンバーらが試食した。「おにぎりとよく合う」と高評価をもらった。おにぎりの具は道産焼きサケと、ガゴメコンブを使った「がごめと山わさびの醤油(しょうゆ)漬」の2種類を用意する。
 選択メニューのほかに、函館牛乳とガゴメ汁(みそ汁)を全員に配る。
 一方、マラソンのエントリーは4月13日の締め切りまで1カ月となり、出足が鈍かった函館市内からの申し込みが雪解けとともに回復。実行委は早めのエントリーを呼び掛けている。
 市教委フルマラソン担当は「ソーセージを通じ函館のおいしい食に、より触れてもらえたらうれしい」としている。(山崎大和)

      政治・行政

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月24日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会