函館新聞電子版

車と歩行者を完全分離 函館市本通3に道内初のセパレート式交差点

 函館市本通3の市道が交わる丁字路(本通3丁目交差点)が21日から、青信号の代わりに左・右・直進を示す青色の矢印信号で自動車の進行を指示する「セパレート(分離)式交差点」に切り替わった。同時に、歩行者用の横断歩道も歩車分離式信号に更新。車と歩行者の通行を完全に分ける道内初の交差点で、交通事故の未然防止を目指す。
 道警によると、2019年に同交差点で発生した人身事故は8件(うち重傷1件)で、そのほとんどが車の右左折時に歩行者や自転車と衝突。道内で4番目に事故が多発する交差点となった。
 同交差点付近には小学校と高校が計3校あり、通学路に指定され自転車の利用者が多いほか、通勤・帰宅の時間帯には渋滞が頻発。赤信号になる前に急いで曲がろうと進入したドライバーが歩行者と衝突する事故が起こる危険があった。
 道警函館方面本部が新たに導入したセパレート式における車の進行パターンは▽産業道路側右折、五稜郭側左折可、道道83号(電車道路)側は歩行者のみ通行可▽産業道路側と道道側が直進可、五稜郭側の歩行者通行可▽五稜郭側右折、道道側左折可、産業道路側の歩行者は通行可―の3つ。いずれも車と歩行者が交差しないメリットがある。
 セパレート式に移行した同日午後4時ごろ、函館中央署交通1課の署員ら約15人が街頭に立ち、本通町会関係者や付近の店舗、市民にチラシを配り、同交差点における注意点などを指導。同課の久保田貴行課長は「主に地域住民が利用することが多いのでしっかり周知に努めたい」と話している。
 秋の全国交通安全運動期間中(30日まで)は、同課署員が朝に同交差点で交通指導に当たる。(長内宏人)

      社会











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      きょうの人生指針/誕生月占い

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト