函館新聞電子版

  • 5周年
    函館新聞電子版
  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 6月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 採用情報
    函館新聞社
  • クマ出没マップ
    出没マップ

寒中みそぎ祭り始まる 行修者が神社で「水ごり」

 【木古内】今年で191回目を迎える佐女川神社の伝統神事「寒中みそぎ祭り」が14日、同神社の境内で始まった。行修者と呼ばれる4人の若者たちが昼夜を問わず冷水を浴び心身を清める「水ごり」と呼ばれる厳しい鍛錬が始まった。
 今回の行修者は、別当の石川将さん(23)=公務員=、稲荷の菊地隆仁さん(17)=高校生=、山の神の田澤宏基さん(25)=公務員=、新たに弁財天を木水拓海さん(21)=会社員=が務める。
 同神社の氏子総代会は、新型コロナウイルスの感染拡大で“祭り”を中止する考えだったが、1831年から続く伝統神事であることや、行修者から「御神体を清めさせてほしい」との声もあり、境内での「水ごり」で御神体を清める儀式とし、感染症対策を講じて2日間に短縮した。
 初日は午後6時から社殿で参籠(さんろう)報告祭が執り行われた。野村広章宮司が祝詞を上げ、白装束に身を包んだ行修者が鍛錬に入ることを神前に報告。下帯姿となった行修者は、社殿から石段を下りて「水ごり」に臨んだ。氷点下の極寒の中、気合いとともに冷水をかけあう行修者の真剣な面持ちを、関係者らは神妙な表情で見守っていた。
 別当を務める石川さんの叔母、八雲町の石川留美子さん(57)は「4年間頑張る姿を見守ってきた。関係者だけとなって残念だがお疲れさまと言いたい」と感慨深げに話していた。(佐藤由紀彦)

      社会











      最新記事











      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医6月20日
      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      6月20日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト