函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 1月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 採用情報
    函館新聞社

学生の暮らし支えます 「もってけ市」で食材無料配布

 函館の有志でつくる「学生食糧支援プロジェクト実行委」(鈴木亙委員長)は22日、新型コロナウイルス禍で生活に困窮する学生を支援する初のイベント「食材もってけ市」を道教育大函館校の敷地内で開いた。コロナ禍でアルバイトが減り、収入減を強いられた学生が続々と訪れ、食材を無料で持ち帰った。
 道教育大名誉教授で函館校に非常勤講師として勤務する田中邦明さん(65)が、学生から「3食カップ麺で過ごしている」「食費を削って生活費や学費を工面している」などの話を聞き、今年7月に学生寮(男子寮と女子寮)に段ボールで野菜を届けたのがきっかけ。評判が良く、ニーズも高いと感じた田中さんが道中小企業家同友会函館支部に食材提供を呼び掛けた。
 今回集まったのは、カップ麺や野菜(ジャガイモ、カボチャ、タマネギ、キャベツなど)、米、缶詰、菓子、ジュース類などで、学生が希望の品を持ち帰った。この中で、はこだて・ブリ消費拡大推進協議会(事務局・渡島総合振興局)は、函館産ブリのPRも兼ね「ぶりのオイル漬けほぐし身缶詰」100缶を提供した。
 同校4年の横山好(このみ)さん(22)は「教育実習や就活でバイトができず、感染の恐怖もあってバイトに行くのを躊躇(ちゅうちょ)したこともあった。収入が減り、貯金を切り崩して生活していたので、企画はありがたい。函館の人の温かさを感じる」と話していた。
 鈴木委員長(39)は「学生がバイトしていた本町の居酒屋が閉店するなど、収入が大幅に減少し修学の継続が困難になっている人もいる。道外出身者も多く、バイトをしないと親の仕送りだけで生活するのは厳しい。息の長い支援を続けたい」と話した。実行委では今後、公立はこだて未来大のある赤川方面、函館大や函館短大、函館高専が近い湯川地区でも企画を検討しているという。(山崎大和)

      社会











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト