函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 採用情報
    函館新聞社
  • クマ出没マップ
    出没マップ

函館市高齢化率上昇続く 旧4町村は約50%に

 少子高齢化が進む函館市では、65歳以上の老年人口の割合が年々高まっている。市の住民基本台帳(8月末現在)によると、65歳以上の人口は9万164人で、高齢化率は前年同期比0・5ポイント増の35・6%。3月1日時点の全国の高齢化率と比べ7ポイント高い。特に東部地区(旧4町村)では50%を超えるエリアもあり、地域の活力維持が課題となる中、市は町会の活性化に向け知恵を絞っている。21日は敬老の日―。
 市の高齢化率は、10年前と比べ8ポイント上昇。支所管内別でみると、恵山が最も高く52・0%。戸井が49・6%、椴法華が48・5%で続き、東部地区で高齢化の進行が顕著となっている。最も低いのは亀田で31・7%。
 市内全域の老年人口のうち、75歳以上の後期高齢者は、65~74歳の人口よりも2000人以上多い4万6113人。市の推計では2025年の高齢化率は37・2%まで上昇し、東部では52・1%となることが見込まれている。
 高齢化の進行は、5年に1度行われる国勢調査にも影響を与えた。市は調査員を確保するため、町会に約1500人の推薦を依頼したが、会員の高齢化などを背景に推薦者は依頼の8割程度にとどまったため、人材派遣会社などを通じて人員を集めた。
 町会活動の低下も懸念される。市が17年に全183町会を対象に行ったアンケートでは回答があった143町会のうち、運営上の課題として125町会が「役員のなり手不足」、113町会が「会員の高齢化」を挙げた。
 こうした課題に対応するため、市は昨年から「町会活性化検討会議」を開催し、委員を務める町会、福祉団体の関係者らと町会の在り方などについて議論を交わしている。市市民部は「さまざまな意見を聞きながら、町会活動の活性化に必要な施策などの検討をしていきたい」としている。(山田大輔)

      社会











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト