• 特集
    秋の高校野球
  • 採用情報
    函館新聞社

秋のバル街9月1日 過去2番目76店が参加

 函館市西部地区をスペインの立ち飲み居酒屋「バル」に見立て、はしご酒を楽しむイベント「函館西部地区バル街」(実行委主催)が9月1日、同地区で開かれる。秋のバル街としては最も早い開催で、過去2番目に多い76店(うち新規は8店)が参加。前売り券(3500円)を販売している。
 2004年4月から毎年春と秋の2回開催し、今回で32回目。初参加は食彩酒房さと水(江差町)、おひるごはんカフェtaom(元町)、センチュリーマリーナ函館バー・ボイジャー(大手町)など8店。この中で、スペイン・バスク地方にある会員制の食堂「ソシエダ」(男性美食倶楽部)をモデルにし日本で初めて函館で発足したソシエダが、港の庵(大町)で初参加する。
 また、アクロス十字街(市水道局)のホールが初めて会場となり、弘前市、青森市、江差町の4店が出店。実行委の加納諄治事務局長は「ホールを活用することで、西部地区以外の店が出店しやすくなる」と話す。
 バル街全体の開催時間は通常、午後2時~翌午前0時だが、今回は1日正午にスタート。76店のうち、15店が正午の時間帯に開店する。
 協賛イベントとして、本願寺函館別院(西別院)で寺院をライトアップするほか、雅楽演奏や僧侶の傾聴活動も。体の不自由な人たちを支援する「BARサポーターズクラブ」(事前申し込みが必要)の活動もある。
 前売り券はバル街参加店のほか、松柏堂プレイガイド各店、ローソン函館宝来町店などで扱う。当日券(4000円)は、市地域交流まちづくりセンターに設ける「バル街i」で販売。専用ホームページ(http://www.barーgai.com/)での予約も可。問い合わせは、レストラン・バスク(0138・56・1570)へ。(山崎大和)

      社会

      最新記事

      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      道南市町村ニュース

      地域ニュース一覧

      紙面ビューア

      お知らせ

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト

      Moora