• 採用情報
    函館新聞社

碧血碑慰霊祭、榎本武揚子孫ら参列

箱館戦争で戦死した旧幕府軍兵士の霊を慰める「碧血碑(へっけつひ)慰霊祭」(箱館碧血会主催)が25日、函館市谷地頭町の碧血碑前で行われた今年は1875(明治8)年の同碑建立から140年の節目で、子孫や関係者、市民の約150人が参列碑前に手を合わせ、祭られている約800人の兵士を偲んだ
69(明治2)年の箱館戦争終結後、放置されていた旧幕府軍兵士の遺体を、侠客・柳川熊吉らが集めて埋葬し、このことを知った榎本武揚らの募金によって同碑が建立された明治から大正にかけて法要日が定まっていなかった時期もあったが、初代市立函館図書館長・岡田健蔵氏の意見で、千代ケ岡陣屋の激戦により中島三郎助が最期となった旧暦の5月16日とした
慰霊祭では、実行寺(船見町)の望月伸泰住職らが読経する中、子孫、会員、一般の順に焼香同会の大谷長道会長は追悼として「兵士には牛伏せ山で安らかに眠ってほしい今後も会員一同が助け合い、慰霊祭を続けたい」と述べた最後に1982年から折り鶴など作り参列している谷地頭保育園や園児に対し、同会から感謝状が送られた
榎本武揚の曾孫・榎本隆充さん(80)は「140年もの間、亡き兵士の魂や碑を守ってくれていることに感謝でいっぱい」、土方歳三の兄の6代目・土方愛さん(43)は「節目の慰霊祭は必ず参加しようと思っていた歳三とともに戦った人のめい福を祈りました」伊庭八郎の弟、武司の曾孫・金田秀昭さん(70)は「碧血碑慰霊祭は日本人魂の表れ園児たちが参列して、この文化を継承することも素晴らしい」と話した
式典後、市内で直会を開き、子孫と会員、市民が交流を深めた(山崎純一)

      ニュース

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      11月13日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会