函館新聞電子版

南茅部高校で花壇アート カックウの顔お目見え

 南茅部高校(藤井浩之校長)の生徒玄関前の花壇にこのほど、『茅空(カックウ)』の愛称で親しまれる国宝「中空土偶」の顔をイメージした花壇アートがお目見えした。7月にも世界文化遺産に登録される見通しの「北海道・北東北の縄文遺跡群」を応援する思いを込めた。色鮮やかな花壇が見る人を楽しませている。
 同校が所在する函館市南茅部地区には、同遺跡群の構成資産に含まれる大船・垣ノ島遺跡があることから、同校ではさまざまな形で地元の機運醸成を後押ししている。
 花壇アートは保健美化委員やラグビー部、2年女子の有志ら約20人が取り組んだ。玄関前の花壇にマリーゴールド、サルビア、ベゴニア、パンジーの計400株を植栽し、花びらの色でカックウの顔を表現した。
 植栽に協力した3年の加我謙典さん(18)は「最近急に暑くなって作業が大変だったこともあったが、完成した花壇アートを見ると、やってよかった。引き続き縄文遺跡群を応援していきたい」と話していた。(野口賢清)

      教育











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      東京2020 オリンピック【速報】

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト