函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 特集
    秋季北海道高校野球
  • 9月プレゼント
    映画鑑賞券
  • クマ出没マップ
    出没マップ

レクやゲームで交流 函教大「サマースクール」スタート

 障害のある子どもたちに楽しい夏休みを過ごしてもらおうと、道教育大函館校の学生が企画する今年度の「サマースクール」(実行委主催)が10日、函館八幡小学校で始まった。12日まで函館市内・近郊の特別支援学級や特別支援学校で学ぶ小中学生、高校生10人が、学生とともにレクリエーションやゲームなどを通じて交流を深める。
 子どもたちの居場所づくりを進めるとともに、教員を目指す学生が子どもたちと触れ合う機会をと、毎年この時期に開催。今年は新型コロナウイルス感染防止のため、3日間で約50人が関わる同校の学生ボランティアは日替わりで参加。活動も午前のみとするなど、規模を縮小して開催した。
 この日は開会式の後、児童生徒が学年別の4グループに分かれて活動。グループごとに学生が活動内容を考え、高校生のグループでは自己紹介をした後、名札マグネットづくりに挑戦。木材にやすりをかけ、自分の名前を書いて、海岸で拾われるシーグラスを飾り付ける作業を学生と協力しながら取り組んだ。今年はマスクを着用しての活動となることから、学生は「のどは乾いてない?」とこまめに声を掛けて熱中症対策に気を配っていた。
 サマースクールでは11日以降、大運動会やミニゲームなどの活動を予定。実行委員長の越智美雨さん(4年)は「換気やアルコール消毒など感染防止策を徹底している。短い期間だが、学校ではない学びの場として楽しい時間を過ごしてほしい」と話していた。(飯尾遼太)

      教育











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      9月19日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト