函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 8月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 新コンテンツ
    DONAN RESEARCH
  • 豪雨災害
    義援金受け付け中
  • 特集
    コロナ禍に思う
  • クマ出没マップ
    出没マップ

遺愛高が「2000羽の折り鶴プロジェクト」

 遺愛女子中学高校(福島基輝校長、生徒853人)は、今年戦後75年を迎え、平和への思いを世界に発信しようと「2000羽の折り鶴プロジェクト」に取り組んでいる。全校生徒が折り鶴に思いを込め、8月6日の「広島原爆の日」、同9日の「長崎原爆の日」各日に開かれる平和式典に合わせ、約1200羽ずつ各都市に送る。(飯尾遼太)
 礼拝行事や高齢者との交流など主にボランティア活動に取り組む同高の「YWCA部」(花輪美侑部長)が新型コロナウイルスの感染拡大で例年通りの活動ができないことから、今できることをしようと企画。7月13日から部内で折り鶴を制作し、同20日からは全校生徒が関わってプロジェクトを進めてきた。
 花輪さん(17、高3年)は昨年8月に広島で開かれたYWCAのカンファレンスに参加。被爆者の戦争体験に触れたほか、フィールドワークを通じて平和について学びを深めた。今回のプロジェクトに向け、花輪さんは「折り鶴を通じて平和のメッセージを発信するとともに、今を生きる私たちはもう戦争をしないという誓いの意味も込めた」と語る。折り鶴とともに各都市にはメンバーがメッセージをしたためた色紙も送る。同部の福田音羽さん(17、高2年)は「プロジェクトを通じて現代の恵まれた生活は当たり前のものではないことを考える機会になった。みんなで一生懸命折ったので、思いが通じればうれしい」と話していた。

      教育











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト