• 特集
    秋の高校野球
  • 採用情報
    函館新聞社

東京の女子中高生がイカさばきに挑戦 研修で来函

 東京の女子中学・高校生が函館産スルメイカのさばき方を学習する料理教室が19日、函館朝市えきに市場2階調理室であった。生徒たちは普段ほとんど触ったことがないイカの扱いに悪戦苦闘しながら、最後は刺し身にして函館の食を堪能した。
 跡見学園中学高校の家庭部(140人)の研修合宿で、中1~高2の計76人が18~21日の3泊4日の日程で来函。同部は日本一の食材を料理して食べることをテーマに活動しており、合宿は今回で4回目。函館は初めて訪れ、20日にはイカ飯作りにも挑戦する。
 料理教室は、市水産物地方卸売市場魚食普及対策協議会、函館水産物商業協同組合が主催。組合の佐藤止昭理事長が講師を務めた。
 用意したのは、この日前浜で水揚げした長さ25センチほどのスルメイカ60匹。佐藤理事長がさばき方の手本を見せ「イカは何回も触ると、鮮度が落ちる」「イカは捨てるところがほとんどない」と伝授した。
 エプロンと三角巾を身に着けた生徒たちは、歓声を上げながら2人で1匹を包丁を使ってさばいた。高2の田畑あゆ美さん(17)は「イカをさばいたのは初めて。表面がぬるぬるして切りづらかった。函館のイカを初めて食べるので楽しみ」と笑顔で話した。
 市農林水産部は、函館のイカが日本一と言われる理由について「朝捕れたイカをその日に競りにかけ、朝の食卓に上がるからおいしい」と説明した。(山崎大和)

      教育

      最新記事

      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      道南市町村ニュース

      地域ニュース一覧

      紙面ビューア

      お知らせ

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト

      Moora