• 採用情報
    函館新聞社

プログラミング競おう! 10月に16歳以下対象コンテスト初開催

 16歳以下を対象にした「U―16プログラミングコンテスト函館大会」(実行委主催)が、10月19日午後1時から市中央図書館視聴覚ホールで初めて開かれる。競技部門と作品部門があり、競技部門のみ上位入賞者は11月に旭川市で行われる全道大会に進出できる。31日には事前講習会も予定し、実行委は「PC、プログラミングに興味がある人はもちろん、これから始めようと思っている人も気軽に参加してほしい」と呼び掛ける。
 子どもたちの夢や目標となる場所を提供し、ITエンジニアの育成にもつなげようと、2011年に旭川市で開始。全国各地でも実施され、これまで道内では札幌、釧路、帯広で予選が行われ、全道大会を開催している。NPO法人ITジュニア育成交流協会のバックアップを受け、25年までに全国47都道府県での開催を目指している。
 函館大会では、対戦型ゲームプラットホーム「CHaser」を使い、碁盤目のフィールドで自作したプログラム同士を戦わせる「競技部門」。アニメーションや自作プログラムなど自由に作成したデジタル作品を寄せる「作品部門」の2部門。どちらもエントリーは無料で、競技部門で上位3人に入ると道大会へ出場でき、交通費は無料となる。出場希望者は実行委のホームページ(http://u16procon―hakodate.org/)の応募フォームから申し込む。
 事前講習会は函館高専で午後1時から行われ、公立はこだて未来大や同高専の学生が指導に当たる。参加は無料で初心者も歓迎する。参加希望者は実行委事務局(u16hakodate@acrocrane.com)へ連絡する。(小杉貴洋)

      教育

      最新記事

      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医(8月25日)
      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      道南市町村ニュース

      地域ニュース一覧

      紙面ビューア

      お知らせ

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト

      Moora