• プレゼント
    映画鑑賞券
  • 特集
    夏の高校野球
  • 採用情報
    函館新聞社

JR函館支社が市立函館高吹奏楽局に打楽器用レール寄贈

 JR北海道函館支社(宮越宏幸支社長)は17日、市立函館高校吹奏楽局(対馬楓菜局長、局員93人)へ鉄道レール5本を譲渡した。同社では初の試みで、譲渡されたレールは来月1日に函館市芸術ホールで開かれる、同局の定期演奏会で打楽器として使用される。
 提供されたレールは2年前まで七飯―森間で実際に使用していたもので、保守による交換で外され保管していた1本を、10センチごと10~50センチの長さに切断した。演奏ではアンビル(金床)と呼ばれる金属製の打楽器に代わって登場する。
 同社で開かれた譲渡式では、宮越支社長と同校の佐竹卓校長が覚書を交わし、局員らが実際にレールをハンマーで叩いて音を確かめるなどした。演奏会でレールを担当する3年の富樫玲菜さん(17)は「実際に叩いてみると鋭くきれいな音だった。本番に向け練習し仕上げたい」と話していた。
 対馬局長(同)も「日ごろ利用している列車の一部であるレールがどのような音を奏でるのか、私たちも楽しみ」といい、「来場した皆さんへいい音色を届けたい」と意気込んでいる。(野口賢清)

      教育

      最新記事

      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      道南市町村ニュース

      地域ニュース一覧

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      7月17日の紙面

      お知らせ

      イベントカレンダー

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト

      大学進学説明会2019