最多17人が「理美容甲子園」へ函館理容美容専門学校

 函館理容美容専門学校(大西忠彦校長)の学生17人が、11月に岡山県で開かれる「第10回全国理容美容学生技術大会」(日本理容美容教育センター主催)に10年連続で出場する。同校からの全国出場人数は過去最多となり、スキルアップに励んでいる。
 同大会は「理美容甲子園」と呼ばれる理美容学生の一大大会。道地区大会は7月17日に札幌で開かれ、同校は7種目のうち3種目が1位で、上位入賞を占めた。
 理容部門は、ロッドを巻く「ワインディング」で、佐藤晴香さん(2年)が昨年に引き続き1位。全国出場を最低条件に、力を見せつけたが「安定感が必要。今年こそは上位に入って旗を持って帰る」と意気込む。後頭部を刈り上げる「ミディアムカット」では小山内十愛子さん(同)が2位。刈り上げのグラデーションに課題を見つけ、「全道では至らないところばかりだったが、しっかりと結果を残す」。角刈りに前髪のデザインを加えた「クラシカルバックバリエーションセット」で3位だった古部滉己さん(同)は「細かいミスにも臨機応変に対応し、上位入賞を目指す」と決意を新たにする。
 美容部門は、ロングヘアをまとめ、表現力を競う「アップスタイル」で田島琴実さん(2年)が1位。「まさか自分が1位になるとは信じられなかった」と喜びを見せる一方で「落ち着いて臨み、納得のいく作品を作りたい」と気を引き締める。レイヤースタイルの仕上がりを競う「カット」で1位の武藤勇也さん(同)は、後ろから見たシルエットの美しさが持ち味。「全国初出場だが、練習でベストな状態を保ち、平常心で臨みたい」。
 美容のワインディングでは吉村友佑さん(2年)が2位入賞。結果に悔しさをにじませながら「全国から集まった選手との競技を楽しみ、全力で挑戦したい」と意欲を見せる。また、決められたテーマでデザインする「ネイルアート」で6位入賞の寺田真侑子さん(同)は「上位の作品は風景が繊細で、もっと細かな絵で減点のないようにしたい」と話している。
      (蝦名達也)
 このほかの全国出場者は次の通り(敬称略)。
 ◇理容部門▽ワインディング=野田麗夢▽ミディアムカット=赤坂すずか
 ◇美容部門▽アップスタイル=中村七星、久保田美沙希、佐藤楓華▽ワインディング=館山竜斗、伊藤樹、安田大夢▽カット=佐藤桃花、福村たまえ

      教育

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月24日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会