市函高で恒例のあんどん行列

 市立函館高校(佐竹卓校長、生徒874人)の学校祭「柳星祭」の前夜祭が6日、同校で行われた。恒例のあんどん行列では生徒らが「エッサー、エッサー」と威勢の良い掛け声を上げながら、手作りあんどんを担ぎ、市内を練り歩いた。
 PTAなどを含め約1000人が参加。本町一帯や千代台公園などを通る約5キロの道のりを3時間ほどかけて行進した。1~3年の計22クラスは、キャラクターや乗り物などをモチーフにした巨大あんどんを制作。担ぎ手が「元気を出していくぞ」などと声を張り上げて盛り上げると、沿道からも大きな声援が送られた。
 生徒の勢いに負けじと、PTAも「イカとマグロの函館」と題した手作りあんどんを担ぎ、祭りに花を添えた。8日は本祭一般公開も行う。(小杉貴洋)

      教育

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月24日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会