• 採用情報
    函館新聞社

クリスマスムード盛り上げる 遺愛中高がキャロリング

 遺愛女子中学高校(福島基輝校長)は6日、函館市内の17施設で賛美歌を届ける「クリスマスキャロリング」を行った。生徒たちは冬の寒さを和らげる温かな歌声を披露し、各施設の聴衆に一足早いクリスマスプレゼントを贈った。
 同校は「クリスマスの喜びを伝えよう」とキャロリングを30年ほど続けている。今回は生徒約230人が6コースに分かれて歌声を届けた。
 JR函館駅コンコースには、約70人が訪れて約20分のミニコンサートを開いた。クリスマスツリーの前で賛美歌や「あわてんぼうのサンタクロース」などを歌い上げ、クリスマスムードを盛り上げた。同駅の利用者は足を止め、手拍子で聞き入った。
 自宅に帰る際に聞いたという七飯町の女性(56)は「心がこもった演奏だった」と話していた。(小杉貴洋)

      教育

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会