函館新聞電子版

  • 電子版購読者限定
    ペア宿泊券プレゼント
  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • コロナウイルス
    感染、病床状況

函館ロケ「自宅警備員と家事妖精」11月20日公開

 函館港イルミナシオン映画祭から生まれた7本目の長編作品「自宅警備員と家事妖精」(藤本匠監督)の劇場公開日が11月20日に決まった。函館ではシネマ太陽函館で上映を予定。国重要文化財の遺愛学院旧宣教師館(通称・ホワイトハウス)をはじめ、市内各所で撮影された映画を通じて函館の魅力を発信する。
 2019年の同映画祭シナリオ大賞で審査員特別賞の荒俣宏賞を受賞した潮喜久知さんの脚本。昨年9月に市内で撮影した。同12月の同映画祭で試写した「自宅警備員のフェアリーテイル」から改題し、劇場公開に向けて編集作業を行ってきた。同映画祭の米田哲平実行委員長は「パイロット版とはひと味違う作品に仕上がった」と話す。
 物語は函館の洋館を舞台に、引きこもりの中年男性と洋館の妖精を中心に進む。函館の街を通して社会問題化する中高年の引きこもりと、古い建物の再利用という、人と建物の2つの再生をテーマに据えた。中年男性、古川稔役を大沢真一郎さん、洋館に住む家事妖精の絹(シルキー)役を木竜麻生さんが演じたほか、オーディションで選ばれた函館市内の小学生、田之下雅徳君ら市民キャストも出演している。
 主な撮影地のうち、旧宣教師館は地下から屋根裏までくまなく使用した。米田実行委員長は「建物を快く使わせてもらった遺愛学院に感謝している。オール函館ロケ作品で、函館の人にもこういう場所があるのかと再発見、再確認をしてもらいたい」と話している。(今井正一)










      最新記事











      トピックス







      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医5月22日付

      きょうの人生指針/誕生月占い

      最新ニュース

      アクセスランキング

      1. 旧函館支庁庁舎に「ジョリジェリ」入居へ まずは食から
      2. 同僚を殴った会社員の男を傷害容疑で逮捕
      3. 箱館五稜郭祭開幕/3年ぶり土方コンテスト、佐々木育恵さん悲願の優勝
      4. 【速報】函館市95人、渡島32人、桧山14人が感染
      5. 男子ラ・サール、女子白百合Ⅴ/高体連テニス
      6. 七飯町の死亡事故、運転者の死因は内因死
      7. 恵山つつじまつり開幕
      8. ナイフ所持、海上自衛官の男を逮捕
      9. 大谷2園の園児たちが稚児行列 東本願寺で花まつり
      10. 箱館五稜郭祭/中島三郎助父子最後之地碑ほか3か所で碑前祭

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      はこしんフォトサービス
      はこしんフォトサービス

      掲載された写真を購入できます

      はこしんバックナンバー
      はこしんバックナンバー

      過去3ヵ月以内の函館新聞を購入

      国内外の主要ニュース


      クローズアップ


      ニュースカレンダー

      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      紙面ビューア

      5月22日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト