函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 10月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 函館合同花火2020
    動画配信
  • 採用情報
    函館新聞社
  • クマ出没マップ
    出没マップ

迫力の松前神楽堪能 箱館奉行所で上演

 特別史跡五稜郭跡内にある箱館奉行所(丸山千明館長)で17日、国の重要無形民俗文化財の松前神楽が上演された。観光客ら148人が来場し、伝統芸能の魅力を堪能した。
 同館の指定管理者、名美興業が日本の和の文化や伝統を楽しんでほしいと、2017年から毎年開催している。
 松前神楽は道南を中心に約550年前から行われている民俗芸能。この日は、松前神楽連合保存会が全33座ある演目のうち、神に鎮魂の祈りをささげる「利生舞(りしょうまい)」と「獅子舞」の2座を披露した。
 このうち、獅子舞では来場者一人一人の頭を獅子がかみ、新型コロナウイルスの収束などを祈願した。札幌市清田区から旅行で訪れていた小幡友子さん(55)は「初めて見たが、迫力がありとても感動しました」と話していた。(木村京子)

      文化











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト