函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 3月のプレゼント
    ラッキープレゼント&映画鑑賞券
  • 特集
    私の3月11日
  • 特集
    想い、続ける~東日本大震災10年
  • 採用情報
    函館新聞社

道南でワクチン先行接種始まる 国立函館病院 医療従事者が対象

 新型コロナウイルス対策の切り札とされるワクチンの先行接種が19日、道内7施設のうち4病院で始まった。道南では国立病院機構函館病院(加藤元嗣院長)にワクチンが搬入され、職員250人を対象に先行接種がスタートした。
 米製薬大手ファイザー製のワクチンは午後0時25分ごろ、同院の救急搬送出入口に195瓶を積んだトラックが到着。1170回分で585人分にあたる。同院では全職員480人のうち、妊婦や授乳中などの職員を除く430人が22日までに接種を終える予定。2回目の接種は3週間後の3月12日ごろから開始する。
 接種会場の新病棟では、接種後のアレルギー反応や体調不良に備え、接種後15分間はいすに座って待機し、体調を観察した。
 最初に接種を受けた加藤院長は「ワクチンを受けて安心している。先行接種を行い、できるだけ早くワクチンの安全性を確認し、安心して接種できるようになることを希望している。ワクチンを打ったことで感染発症予防、重症化予防に期待したい」と話した。
 道内では対象となっている7つの医療機関で約3000人の医療従事者が先行接種を受ける。4月以降、65歳以上の高齢者を対象に接種を開始し、基礎疾患のある人などの順に接種が進む見通し。16歳以上が対象で、接種にかかる費用は全て国が負担する。
 加藤院長は「感染症は予防が一番大事。自分の感染リスクを下げるだけでなく、周りの人に感染させないというメリットがある。ぜひ多くの人に受けてほしい」と話している。(木村京子)

      医療











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト