• 求人募集
    函館新聞社
  • 10月のプレゼント
    映画鑑賞券
  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • コロナウイルス
    感染、病床状況

工場直売店を巡る②/竹田食品 直売店竹田屋

イカゲソまで丸ごと入った直売店オリジナルの「いか塩辛」(200g350円)。「北海たこ燻チーズ」(90g200円)は、前菜にもおすすめ。この日の「工場できたて商品」は、ピリ辛の味付けが後を引く「高菜入り松前漬」(100g320円)。

道産スルメイカで手作りする「いか粕漬」(1杯756円)は、香り高い酒粕とブレンドみその旨味が酒のあてにぴったり。道産真ダラを使った「真鱈粕漬」(1切400円)は、直売店限定品。

商品によってさまざまな種類を用意するイカの取扱量は、年間で1,500t以上に及ぶ。

「新たな商品を発見できると思うので、ふらりと立ち寄っていただけたら」と品質管理部の長谷川嵩人さんと開発室の髙橋由衣さん。

     豊富な品数とできたての逸品で
     新たな味との出合いを提案

     〝春夏秋冬 多彩な味を真心こめて〟をモットーに、200種類以上の生鮮珍味を製造する「竹田食品」。2018年にオープンした本社併設の直売店「竹田屋」は、量販店ではお目にかかれない限定品をメインに、作りたてならではの食感や香りが楽しめる「工場できたて商品」を日替わりで販売。今年4月には、店外に冷凍品専用の自動販売機も設置し、誰もが気軽に立ち寄れる店づくりに努める。全国に卸す商品も含め、全ての製造を函館の工場で行う同社は、多い日で1日10tものイカを手作業でさばき、イカの塩辛や粕漬け、松前漬けなど、長年築いた製法をしっかりと守ってきた。さらに商品開発チームは、サケをメインに使った3種類のペーストでカナッペ風に味わえる「海の幸のパテ」や、イカゴロの代わりにサケ節で旨味を引き出す「香る旨いか塩辛」など、今までにない新たな味作りにも挑戦。往年の竹田食品ファンも、海鮮珍味になじみのない若い人も親しめる、安定したおいしさと新鮮な驚きがある一品を届けている。
    (ハコラク 2022年10月号掲載)


    竹田食品 直売店竹田屋
    函館市浅野町3‐10
    ☎0138‐43‐1110(代) 
    10:00~15:00
    日曜・祝日定休 (土曜は不定休) 
    P有り 











      最新記事











      トピックス







      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医10月2日

      きょうの人生指針/誕生月占い

      函館新聞デジタルとは
      函館新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      最新ニュース

      アクセスランキング

      1. 特急北斗の使用車両「キハ281系」定期運行終了
      2. 【速報】七飯・大沼で自転車修理工場が火事
      3. 函大柏稜が兄弟対決制す 秋の高校野球道大会
      4. 森町の漁港で防波堤に衝突
      5. 【速報】七飯町緑町で民家火災
      6. 気さくな人柄 函館でもしのぶ アントニオ猪木さん死去
      7. トラック運転手の飲酒事故防止に限界
      8. 貨物列車にはねられ死亡、大沼公園駅付近
      9. 有機野菜直売所「道南有機の里」リニューアルオープン
      10. ラ・サール、ラグビーグラウンド人工芝に 竣工式で飛躍決意

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      はこしんフォトサービス
      フォトサービス

      掲載された写真を購入できます

      はこしんバックナンバー
      バックナンバー

      過去3ヵ月以内の函館新聞を購入

      はこしんポスト
      ポスト

      取材依頼・情報提供・お問い合わせ

      国内外の主要ニュース


      クローズアップ


      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      10月 2日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト