函館新聞電子版

  • 5周年
    函館新聞電子版
  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 募集
    写真の日プロジェクト
  • 5周年プレゼント
    ホテル宿泊券
  • 高校野球
    春季大会
  • クマ出没マップ
    出没マップ

博物館・郷土資料館めぐり⑦/木古内町郷土資料館 いかりん館

シンボルの巨大いかり
縄文晩期の土器
木元豊さん
     オーダーメイドの案内と本物に触れる感動で
     リピーターに愛される施設に

     2015年に開館した「木古内町郷土資料館いかりん館」は、江戸幕府の軍艦・咸臨丸のものと推測されている巨大ないかりがシンボル。2011年に閉校した「鶴岡小学校」の校舎を活用した館内では、漁業中心だった地域産業に、農業・林業の礎が築かれた道程を学べる「木古内の産業」や、鶴岡地区を開拓した士族らの出身地・山形県鶴岡市との絆を伝える「鶴岡小学校資料室」など、教室ごとに異なる切り口で町の特色を紹介。北海道新幹線が開通した2016年には、廃線となったJR江差線の資料をはじめとした「鉄道資料室」もオープンした。
     「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界文化遺産登録が期待され、注目されるのが「大むかしの木古内」のコーナー。近年、新幹線や高規格道路の開発で発掘調査が一気に進み、木古内町には62カ所もの遺跡が発見されており、充実した縄文時代の資料に熱烈なファンも訪れている。スタッフの立ち合いがあれば縄文土器やショーケース内の貴重な資料に直接触れることも出来、リピーターにはバックヤードも積極的に開放する。学芸員の木元豊さんは「一人ひとりに合わせたオーダーメイドの案内が同館の持ち味」と語り、来館者の興味を引き出すもてなしで、何度も来たくなるような資料館を築いている。
    (ハコラク 2021年4月号掲載)


    木古内町郷土資料館 いかりん館
    木古内町鶴岡74‐1
     ☎01392‐2‐4366
    9:00~16:00
    休館日/月曜 (祝日の場合は開館し、翌火曜休み)
        年末年始
    入館料/無料 
    P有り 


      ハコラク











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト