臥牛山2月1日・自転車の危険行為

 冬でも雪が少なければ自転車に乗る人が少なくない。凍った路面などで転ばないかと心配になるが、それほどに生活の足となっているということだろう。そして春になると…通勤・通学で急激に増える▼その自転車の危険性が大きな問題になって久しい。事故が増えており、被害者とは限らず、加害者となるケースも増加の傾向。認識は今一つだが、対策として昨年6月に法規制(道交法)が強化されている▼警察庁によると、以来、半年間に信号無視(2790件)、イヤホンの装着や傘使用の安全運転義務違反(715件)、一時不停止(536件)、ブレーキ不良(312件)など6521件が、危険行為として摘発されている▼これでも多いが、氷山の一角でしかない。というのも、春から秋にかけては函館・道南などでも日常的に見かける違反だから。危険と背中合わせであり、特に指摘されるのが未成年の人▼自転車が絡む事故の負傷者のうち、3割が未成年という統計が浮き彫りにしている。大事なのは自分の身を守るという安全意識。スピードは出さない、信号は守る、イヤホンはつけず携帯を操作しない…当たり前のことだが、冬の今からそれを肝に銘じておきたい。(A)

      臥牛山

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月27日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会