函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 特集
    冬のイルミネーション
  • 12月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 採用情報
    函館新聞社
  • クマ出没マップ
    出没マップ

松前産紅ズワイガニが缶詰に 国分北海道が8日発売

 食品卸売業大手の国分北海道(本社・札幌、黒澤良一社長)は8日、松前産紅ズワイガニを使った新商品を発売する。
 缶つまJAPANの第9弾で、松前沖で操業する「第71寿々丸」の限定原料商品。単一船原料の缶詰は珍しい。道南原料での同シリーズ第1弾となる。
 同社は2021年に創立80周年を迎え、記念商品として第71寿々丸の紅ズワイを使った缶詰を開発。今回は3000個(1個75グラム入り)限定で販売する。
 紅ズワイのカニ足肉とほぐし身の豪華共演で、カニ足が5本以上入り、紅ズワイのうま味と甘みを感じられるという。これまでは紅ズワイの水揚げ港として有名な鳥取県境港に運ばれ、缶詰原料などに使われていたが、付加価値を付けた新商品として注目されそう。
 商品名は「缶つまJAPAN 北海道松前産 紅ずわい脚肉飾り」で、希望小売価格は道内1300円、道外1400円(いずれも税別)。賞味期限は常温で36カ月。道内は観光地売店や道の駅、百貨店、空港売店で、道外は北海道フェアなどで販売する。
 同社は「上品なカニの甘みとうま味を楽しんでほしい」とする。道南の食の磨き上げ、販路拡大に取り組む渡島総合振興局商工労働観光課は「松前産紅ズワイを皮切りに、道南原料の商品を増やしたい」と意気込んでいる。(山崎大和)

      食品・飲食











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト