函館新聞電子版

  • 8月のプレゼント
    映画鑑賞券
  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • コロナウイルス
    感染、病床状況
  • 新サービス
    はこしんポスト
  • 延期のお知らせ
    函館港花火大会

道縦貫道オオヌマトンネル、22年度にも本坑工事に着手

 【七飯】道開発局は、北海道縦貫自動車道(道縦貫道)の七飯インターチェンジ(IC)―大沼公園IC間のオオヌマトンネル(仮称、約7キロ)について、2017年度から工事中の避難坑の開通を待たず、車道部分に当たる本坑の工事に着手する。22年度にも本坑工事を発注し、早期開通を目指す。
 オオヌマトンネルは道路用トンネルとしては道内最長で、トンネル内火災などの災害時の避難路として避難坑を設ける。付近には蓴菜(じゅんさい)沼をはじめとする大小の湖沼があり、地盤が非常に悪い木地挽山(きじひきやま)を貫通するため、難工事が予想されたことから、25年までの間に水抜きを兼ねて避難坑を開通させて地質を詳しく調べ、結果を受けて本坑に着手する計画だった。
 道開発局函館開発建設部は「慎重に掘り進めていたが、想定以上に順調に工事が進んだ」とし、道縦貫自動車道建設促進道南地方期成会をはじめ、早期開通を求める地元の声も踏まえ、本坑と避難坑を並行して掘り進め、早期の開通を目指す方針。
 七飯IC―大沼公園IC間は2015年度に着工し、全長は約10キロ(トンネル部分は約7キロ)。国と道が工事費用を負担する新直轄方式で事業を進め、暫定2車線での供用を予定する。大沼公園ICまで開通済みの道央自動車道(道央道)とつながり、道央圏とのアクセスの向上が期待される。
 17日に召集された通常国会に提出された今年度の国の一般会計予算案には、複数年にわたる国庫債務負担行為として「地域連携道路事業費」にオオヌマトンネルほか、道開発局の道路事業53項目が盛り込まれた。うち22年度分は112億円で、オオヌマトンネルにはその一部が活用される。(神部 造)










      最新記事











      トピックス







      きょうの人生指針/誕生月占い

      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      最新ニュース

      アクセスランキング

      1. 函館の感染298人 渡島135人、桧山72人
      2. 長万部で謎の水柱 勢い衰えず
      3. 4年ぶりの神輿渡御 函館八幡宮例祭
      4. 末広町にビリヤード喫茶・バー「ライオンのサム」開業
      5. 学力テスト函館は全国・全道平均下回る 小・中の算数・数学
      6. 八雲町の国道277号、せたな町の229号通行止め
      7. 道内感染5540人、17人死亡
      8. 20代女性の胸触った疑い 八雲の男逮捕
      9. 函館どつく労組元執行委員長 150万円横領容疑で逮捕
      10. 七飯町の停電が復旧

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      はこしんフォトサービス
      フォトサービス

      掲載された写真を購入できます

      はこしんバックナンバー
      バックナンバー

      過去3ヵ月以内の函館新聞を購入

      はこしんポスト
      ポスト

      取材依頼・情報提供・お問い合わせ

      国内外の主要ニュース


      クローズアップ


      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      8月16日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト