• 函館新聞デジタル
    ご購読申込はこちら
  • 動画ニュース
    豪華客船と豪華寝台列車、函館で〝共演〟
  • 2024年春
    人事・本社来訪
  • 4月のプレゼント
    映画鑑賞券
  • 4/19
    函新ウイークリーレビュー
  • 参加者募集
    写真の日プロジェクト
  • 求人情報
    総務経理スタッフ、記者

「マッシェルコンクリート」の利用を 推進協が渡島総合振興局で要請

 ホタテ貝殻をコンクリート骨材資源として活用する「マッシェルコンクリート」の利用を推進しようと、森町や森漁協などでつくる利用促進協議会(会長・岡嶋康輔森町長)が22日、渡島総合振興局を訪れ、田中仁局長に要望書を手渡した。
 マッシェルコンクリートは、生コンクリートの製造に必要な骨材(砂・砂利)の一部をホタテの貝殻に置き替える。砂や砂利など天然の骨材は、環境破壊や環境保全の面から採取の規制が厳しくなっている一方、養殖ホタテ貝の一大生産地の噴火湾からは、毎年大量のホタテ貝殻が発生している。ホタテ貝殻を骨材資源として活用することで、SDGsへの貢献も期待されている。
 岡嶋会長は「マッシェルコンクリートは脱炭素社会を形成する上で、時代に即したコンクリートであると信じている。特性を踏まえ、渡島総合振興局の工事で、これまで以上の使用を検討してほしい」と強調。同席した冨原亮道議会議長は「使えば資源ということで、SDGsの考え方も含めた上で、マッシェルコンクリートの利用の推進に理解してほしい」と述べた。
 要望を受け、田中局長は「循環利用に貢献するマッシェルコンクリートの利用促進は、とても重要と認識している。振興局としても皆さんの声をしっかりと聞きながら、利用を進めていきたい」と応えた。(野口賢清)










      最新記事











      きょうの人生指針/誕生月占い

      函館新聞デジタルとは
      函館新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      最新ニュース

      アクセスランキング

      1. 大正庵/函館市美原から北斗市へ移転
      2. 函館高等技術専門学院で入学式 30人が技術者へ歩みだす
      3. 傷害容疑で森町の男逮捕
      4. ホテルテトラ、20日に屋上ビアガーデン営業開始
      5. 無免許とひき逃げ容疑で男を逮捕
      6. 道の駅横綱の里ふくしま ウルフマンと友情パワーで盛り上げ
      7. 函館で桜が開花、過去2番目の早さ 24日満開に
      8. S・イーグル黒星スタート サッカー・カブスリーグU15
      9. 新幹線乗り入れにJR費用負担応じず 鈴木知事「課題整理の段階」
      10. 今月のひと/炭火焼肉 ひび屋 店主 寺田雅浩さん

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      はこしんフォトサービス
      フォトサービス

      掲載された写真を購入できます

      はこしんバックナンバー
      バックナンバー

      過去3ヵ月以内の函館新聞を購入

      はこしんポスト
      ポスト

      取材依頼・情報提供・お問い合わせ

      国内外の主要ニュース


      クローズアップ


      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      4月20日の紙面

      SNS公式アカウント

      4月20日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト