• 秋季大会
    高校野球

ラ・サール高ラグビー部が市長訪問

27日から東大阪市の花園ラグビー場などで開かれる全国高校ラグビー大会に初出場する函館ラ・サール高校ラグビー部の監督、選手らが3日、函館市役所を訪れ、工藤寿樹市長に出場報告を行った。選手たちは南北海道代表として立つ花園に向け、部OBの市長に必勝を誓った。
 ラ・サールは9月26日に市根崎運動公園ラグビー場で行われた道予選会南大会決勝戦で、大会15連覇の強豪・札幌山の手を22―12で下し初の全国行きを決めた。函館勢の花園出場は、札幌山の手の連覇が始まる前年の1999年、函大有斗が南大会を制した第52回大会以来、16年ぶり。
 この日は荒木竜平監督と沖野玄主将、チームキャプテンの江頭翔太朗、バックスリーダーの加藤皓己(いずれも3年)とフェルミン・マルチネス校長、市ラグビーフットボール協会の額賀康之会長らが訪問。同高出身で、ラグビー部創設メンバーの一人である工藤市長は「後輩に伝統をつないでこのまま10年くらい花園に行けるように頑張ってほしい。心から期待している」とエール。江頭も「花園でトライを決めたい」と力強く答えた。
 日々基礎練習に励み技術面の向上を図るとともに、大舞台でもチームワークを武器とする「ラ・サールらしさ」を十分に発揮したプレーに期待がかかる。加藤は「強豪からの視線をもろともせずに頑張りたい」、沖野主将は「最後は勝ちたいという気持ちが勝負を決める。どこが相手でも今までやってきたことをしっかりと出し切る」と決意を述べた。
 対戦相手は5日に決定する。(蝦名達也)

      ラグビー

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月19日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会