• 採用情報
    函館新聞社

ラ・サール初戦敗退、全国高校ラグビー

 【大阪】第95回全国高校ラグビーフットボール大会(全国高体連、日本ラグビーフットボール協会など主催)2日目の28日、南北海道代表で初出場の函館ラ・サールは1回戦に挑み、長崎北陽台(長崎県代表)と対戦した。2トライを奪うなど健闘したが、12―42で初戦突破はならなかった。
 ラ・サールはバックスを中心にゲームを展開し、スピード感のある攻撃で強豪チームにプレッシャーを与えるなど、練習の成果を遺憾なく発揮。13点を追う前半24分に35メートル左中間スクラムから、5選手が懸命にボールをつなぎ、安田拓来(3年)が貴重な1トライを奪った。
 後半はモールから2トライを挙げられるなど相手のペースで試合が進んだが、14分にゴール直前右中間ラックから左へ六車高寧(2年)が持ち出し、そのままトライ成功。安田がゴールを決めて12―30と反撃に向けて勢いをつけた。しかし、2年連続15回目の出場を誇る長崎北陽台の安定した試合展開に阻まれ、逆転はできず敗退した。
 9月末の南北海道大会決勝戦で札幌山の手に22―12と勝利し、1967(昭和42)年の創部以来48年で全国大会初出場の夢をかなえた。道南16年ぶりの花園に、多くの市民、関係者らの期待が寄せられ、この日もスタンドには全国にいるOBら約500人が応援に駆け付けた。
 試合を終え、同部を率いた荒木竜平監督は「勝利にこだわって練習してきたので悔しい。それでもバックスを中心に活躍するなど成長が感じられ、相手にプレッシャーも与えられた」と選手の健闘をたたえた。(小杉貴洋)

      ラグビー

      最新記事

      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医(11月18日)
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      11月18日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会