函館新聞電子版

  • イニング速報
  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 7月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 特集
    コロナ禍に思う
  • クマ出没マップ
    出没マップ

3年ぶり「大相撲函館場所」3600人、迫力の取組堪能

 3年ぶりの巡業となる「大相撲函館場所」(市文化・スポーツ振興財団など主催)が16日、函館アリーナで開かれた。来場した3656人が横綱白鵬や鶴竜をはじめ、人気力士の迫力ある取組を堪能した。
 午前8時の開場とともに、多くの相撲ファンが入場。7月の名古屋場所で新十両として勝ち越した、元福島町職員の一山本(二所ノ関、大野農高出身)も元気な姿を見せ、地元力士として大きな拍手と声援を受けた。
 公開稽古や握手会の後、幕下以下の取組がスタート。その間には相撲甚句や初っ切り、櫓太鼓も披露され、相撲を満喫した。取組が三役に入ると歓声もピークに。白鵬と鶴竜の両横綱による結びの一番では、割れんばかりの大きな拍手と声援が飛んだ。
 八雲町から駆け付けた団体職員、大坂光さん(22)は「巡業は初めて。力士の体が大きかった」と迫力の取組に驚いたが、旭川出身の旭大星からサインをもらって満足げ。この日、髪結い披露のほか、取組も二番行い、地元力士として大活躍だった一山本は「地元で取組ができ、ほっとしている。もっと体を大きくして次の場所も頑張りたい」と話していた。(佐々木 司)

      武道・格闘技











      最新記事











      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医7月12日
      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト