増野が国体初V、金井が2位

 【愛媛】えひめ国体の陸上競技、男子110メートル障害決勝が9日、愛媛県総合運動公園陸上競技場で行われ、北斗市出身(函大有斗卒)で世界陸上ロンドン大会(8月)に出場した増野元太選手(群馬・ヤマダ電機)が13秒47(追い風2・2メートル)で優勝した。増野選手は国体初優勝。2位には函館市出身(ラ・サール卒)の金井大旺(北海道・法政大)が13秒58で入った。

      陸上

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月26日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会