函館マラソン、来年は7月1日開催

 函館マラソン大会実行委員会(岡部寿一委員長)は2日、市役所で総会を開いた。市教委は「2018函館マラソン」について、来年7月1日に開催することを明らかにした。また、オフィシャルスポンサーのJTB北海道は、宿不足解消のためエントリー開始段階で今年より1000室多い2000室規模を確保する方針を示した。
 今大会から国際陸上競技連盟(IAAF)公認コースに認定。フル、ハーフ同時開催2年目で、過去最多の8130人がエントリー。出走者数は6963人、完走者数は6384人、完走率は91・7%だった。厳しい暑さがランナーを苦しめ、フルの完走率は84・2%。病院に救急搬送された参加者は14人で、昨年の3人から大幅に増えた。
 岡部委員長はあいさつで今年の大会を振り返り「ランナーにとって厳しいマラソンだった。宿泊に関わる課題も残った」と述べた。
 市教委は①市内交通への影響②参加者の評価③資金の獲得―の3課題について「克服できるめどがついた」として、来年の大会実施を表明した。
 来年の大会は、7月1日に千代台公園陸上競技場発着のフル(42・195キロ)、ハーフ(21・0975キロ)で実施。ハーフ午前9時、フル同9時10分の時差式スタート。定員はハーフ4000人、フル4000人の計8000人程度とする。参加料はハーフ5000円、フル9000円。申し込みは来年2月中旬~4月中旬の見込み。JTB北海道函館支店は「宿泊業界団体と連携し、客室の早期リリースと値ごろ感ある価格設定となるよう調整を依頼する」とした。(山崎大和)

      陸上

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月23日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会