フルマラソンコース決定 来年6月26日午前9時号砲

 函館マラソン大会実行委員会(桜庭辰弥会長)は11月30日、北海道新幹線開業記念イベントとして来年6月26日に開催する「2016函館マラソン」(同委など主催)のコースを確定し、スタート時間を午前9時とすることを決定した。フルマラソン(42・195キロ)とハーフマラソン(21・0975キロ)を同時開催し、フルは本年度のハーフ大会コースを共用しながら、西部地区や函館空港方面を走るコースが設定された。

 本年度のハーフ大会は午前8時スタートだったが「市民から交通規制が通勤時間に重なったとの声や、ランナーからはコンディション調整の難しさを指摘する声が聞かれた」(同委)点を踏まえ、1時間遅らせて同9時とした。
 フルのコースは千代台公園陸上競技場を出発し、漁火通を湯川方面へ直進。函館空港に至るT字路を左折し、高松町のOTSレンタカー付近を折り返す。漁火通に戻り、直線を銭亀町方面に進み、望洋団地自治会館をUターン。海沿いをたどり、谷地頭電停で折り返した後は亀田川沿いに左折。ともえ大橋を渡った後は、西部地区の金森赤レンガ倉庫群を通り西埠頭(ふとう)まで走る。同委は「従前の漁火通に加え港や西部地区の街並みなど、函館らしい風景を楽しんでもらえるよう設定した」とする。
 西埠頭や空港周辺の折り返し地点では、コースで民家などを囲む袋地を発生させないよう、一本道でのUターンを採用。本年度のハーフ大会は青柳町電停で折り返していたが、再び谷地頭電停まで伸ばした。
 参加定員はフル、ハーフともに4000人で、参加料はフル9000円、ハーフ5000円となる見通し。申し込み期間は来年3月中旬から1カ月ほどを予定している。(蝦名達也)

      陸上

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月24日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会