クラッシャー開幕戦飾る

 第1日は6日、大会5連覇を狙うアイスクラッシャーと昨年7位の土現フェニックスが対戦。開会式後に行われた試合は大雪に見舞われ、選手たちは降り積もる雪と戦いながらパックを争った。
 視界が悪い中、アイスクラッシャーは第1ピリオド3分、井村博行が今大会初ゴールで先制。第1ピリオドを2―0で終えると、その後も第2、3ピリオド合わせて3点を追加。相手攻撃陣を完封し、危なげない試合運びで初勝利を飾った。
 土現フェニックスはエースの井馬俊安を中心に相手ゴールに襲いかかったが得点には至らず、初戦黒星スタートとなった。
 6日に熱戦の火ぶたが切られた第19回函館新聞社杯アイスホッケー大会。開会式後には早速開幕戦が行われ、降り続く雪に悪戦苦闘する場面が多くみられたが、選手たちは悪天候に屈することなく、闘志あふれるプレーをみせた。
 開会式には全チームの代表らが集まり、函館アイスホッケー協会の大濱一夫理事長が大会の進め方などを説明。「今年は青函対抗なども地元で開催される。けがのないように戦おう」と選手同士の士気を高めた。
 開幕戦となったアイスクラッシャー対土現フェニックス戦の開始直後からしんしんと雪が降り続き、一時は試合中止も検討されたが、2チームの選手が除雪作業に取り組み、何とか継続した。
 今大会は29日の最終戦までに計21試合を行い、勝ち点方式で順位を競う。参加するのは、前人未到の5連覇がかかるアイスクラッシャー、前年準優勝のホワイトベアーズ、3位のファンキースタッフのほか、4位の函館フューチャーズ、5位のダイナマイツ、6位の北水ブルーマーリンズ、7位の土現フェニックスの7チーム。
 試合は日曜日を除く毎日同8時ごろから行われる(天候などの都合で中止の場合あり)。観戦自由で、無料。屋外のため防寒具が必要。(毛利祐一朗、小杉貴洋)
 アイスクラッシャー・猪口晧平
 開会式を終え、気持ち良く試合を始められるかと思いきや、まさかの大雪。雪かきスタートとなり波乱の開幕となりましたが、チームの5連覇に向け努力したいと思います!
 土現フェニックス・菊地慎之介
 初の公式戦で強豪チームとの試合ができてとても勉強になりました。結果は敗れてしまいましたが、多くの収穫がありました。試合を重ねる中で上手になればよいと思います。
アイスクラッシャー

2-0

2-0

1-0

土現フェニックス

【ア】①井村(1P3分)②井村(1P12分17秒)③廣澤→森(2P25秒)④森→友坂(2P3分43秒)⑤友坂→井村(3P9分07秒)

▽シュート数 【ア】53(16、19、18) 【フ】9(0、1、8)

      アイスホッケー

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月22日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会