函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 3月のプレゼント
    ラッキープレゼント&映画鑑賞券
  • 特集
    私の3月11日
  • 採用情報
    函館新聞社

巨人育成指名の阿部投手が北斗市長を表敬訪問

 【北斗】プロ野球の新人選択会議(ドラフト会議)で読売巨人軍に育成8位で指名された北斗市出身の阿部剣友投手(18)=札幌大谷高校3年=が28日、同高野球部の船尾隆広監督(49)とともに池田達雄市長を表敬訪問した。身長2メートル左腕として将来期待される阿部投手は「育成選手だが、アピールして1日でも早く1軍のマウンドに上がりたい」と力を込めた。(小林省悟)
 阿部投手は大野小3年の時に少年団の大野少年ダイヤで野球を始めた。恵まれた体格を生かし、投手としてめきめき成長。大野中から札幌大谷高に進学すると2018年秋の明治神宮大会で優勝に貢献し、翌19年の春の甲子園にも出場した。今夏は選手権代替の南大会にエースとして臨み、ベスト4入りした。今後の成長が期待されてのプロ入り。今月20日に帰郷し、体作りとして地道に走り込むなど自主トレーニングに励んでいる。
 阿部投手の身長の高さに驚きながらも池田市長は「北斗市民を代表してうれしく思う。厳しい練習を乗り越え、長身を武器に相手に向かう姿勢を早く見せて活躍してほしい」と期待を込めた。
 背番号は大リーグで活躍した2メートル左腕のランディ・ジョンソンの51にちなみ、「051」。阿部投手は「ランディ選手のようになりたい」と大きな目標を掲げる。松前町出身で函大付属有斗高校卒の船尾監督は「育成でもドラフトにかかり、高校として初めてのこと。後輩の励みにもなることなので、うれしかった」と目を細めた。

      野球











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト