• 採用情報
    函館新聞社

(荒井三津子さん・暮らしのパレット)「ふるさとの危機」

 ふるさとの危機
 6日未明に発生した地震は、札幌市中央区の自宅で経験した。奇跡的にわが家は断水もなく、停電も1日だけだった。だが、仕事仲間、友人・知人の被害や不安は甚大で、緊張した日々は続いている。微力ながらできることをしようと思う。
 地震から明けた朝、近所のコンビニエンスストアはすでに長だの列だった。高齢の母もいるので食べられそうなものを買いたかった。冷凍食品は解けてもしばらくは食べられるはず。短時間にあれこれ考えようとしたが、殺気立った人ごみで冷静な判断は難しかった。わが家の懐中電灯は管理が悪かったため、半分は電池切れで使えなかった。ロウソクはあっても慌てればマッチを探せない。
 携帯電話のバッテリーはすぐに心配になった。幸い次女が一緒にいたので、バッテリーの節約やパソコンからの充電方法などを教えてもらった。断水と停電は忘れていたたくさんのことを思い出させてくれた。安全な飲用水を常備することは当然だが、トイレ用にお風呂に残り湯や水をためておくこと、携帯電話にモバイルバッテリーを備えておくことなど、改めて肝に銘じた。
 パソコンは常に100%充電しておくこと、ラジオにも予備の電池を付けておくことも大切だと痛感した。今回は手回しで充電できるラジオがすぐに役立った。車があってもガソリンがない。ATM(現金自動預払機)でお金が降ろせない。お金があっても買うモノがない。不自由の連鎖は続く。反省すること、学ぶことばかりである。一日も早いふるさとの復興を祈る。(生活デザイナー)

      暮らしのパレット

      最新記事

      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医11月18日付け
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      11月17日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会