• 採用情報
    函館新聞社

(荒井三津子さん・暮らしのパレット)「本家を越える」

 1985年に花と料理を教える教室を開いた。それなりの修業をして始めたとはいえ、食卓のデザインや紅茶の文化については本場を知らなければ不安だった。時間を見つけては幼い長女を両親に預けてヨーロッパに通う暮らしを3年ほど続けた。学校や当時話題の店で必死に学んだとはいえ、今思えば暴挙である。
 だがその時代がなければ今の私はなかった。ロンドンの紅茶文化はたしかに優雅で人々はそれを謳歌(おうか)しているように見えた。忙しい日本の生活にこそ食卓の演出や新しいお茶の文化が必要に思えて、大学とは別に今日までいろいろな場面で指導してきた。
 しかし、この年末、久しぶりに訪ねたロンドンで考え込んでしまった。30年前、あれほど感動したアフタヌーンティーのテーブルがどこか違う気がしたからだ。独特の三段重ねの器のスコーンも小菓子もサンドイッチも大ざっぱに見える。ティーポットとて陶器のはずだった。もちろん店によって異なるが、総じて日本のケーキやサンドイッチ、紅茶のサービスのほうが断然丁寧である。いや丁寧に洗練され過ぎてしまったようだ。
 パンが乾燥しないようにサンドイッチのレタスやキュウリは千切りにして、何段目には何を、どんなサイズでどんな種類を、紅茶は茶葉によって蒸す時間は厳密になど、ロンドンでは気にする人が果たしてどれくらい居るのだろうか。研究熱心で器用な日本人は、本家のイギリスよりイギリスらしい紅茶文化を発達させてしまったのかもしれない。(生活デザイナー)

      暮らしのパレット

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      10月15日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会